輸送コストを削減

DIYを行う人が増えている現在の社会では足場をレンタルして作業を行うのが一般的になってきています。
足場をレンタルすることが出来る業者に依頼して足場を借りる際には、気をつけなければいけないことがあります。
それは持ち運びやすいタイプの種類を選んでレンタルするということです。
足場は大規模な建設現場であれば大きなものを使用して安全性を高めながら作業を行うようにしなければいけませんが、自宅の補修作業や外壁塗装を行う場合には、コンパクトな形状のものを借りてこなければいけません。
大きな形状しているものを借りてしまった場合には、輸送するための手間賃もかかりますし、持ち運びにも適さず作業が逆に大変になってしまう可能性があります。

コンパクトなタイプの足場として知られているのが、単管足場やクサビ式となっているものです。
こうした種類では、狭いスペースでも設置することが出来るというメリットもあります。
住宅街に一戸建てを所有している人では、家と家の隙間があまりなく一メートルに満たない事も少なくありません。
そうした住宅に住んでいる人でDIYによって自分で外壁の修復を行っていきたいと考えている場合は、単管足場やクサビ式をレンタルして作業するほうが便利でしょう。
その他にも様々なコンパクトタイプの足場をレンタルしてくれる業者があるので、どのタイプが一番自宅の作業に適した足場を作れるのか選びながらレンタルしましょう。